内容証明郵便

こんにちは!さいたま市中央区の行政書士、くりはらです。

このところ、内容証明郵便の文書作成のご依頼を2件いただきました。

1件は一昨日発送が完了、もう1件が現在文書の内容を詰めているところです。

払ってくれなきゃ裁判するぞ!みたいな内容なので、責任重大です。この内容証明郵便、売掛金や貸し金等の金銭債権の回収や、契約解除の通知などの意思表示の場面ではなかなかの効果を発揮します。

請求書を何度も送っても支払いがない、契約解除になかなか応じてもらえない、そんな時は内容証明郵便を送ってみるのもひとつの手かなと思います。

ただ、一つ注意したいのは、内容証明郵便を送ることで「この件についてあなたと紛争状態に突入する可能性がありますよ」と伝えるようなものなので、これからも取引きを続けていきたいようなときにはもう少しソフトな交渉手段を選んだほうが後々いいかもしれませんよ。ということです。

ちなみに、「内容証明送ったけど、反応がない!やっぱり裁判するしかないのかな~」なんて、相手方からリアクションがない場合、連絡してみてください。意外と相手方は焦っていて、連絡してみたら態度が軟化して、急に交渉がすすむこともあったりしますから。