相続のお手伝いの一環で、銀行へいってきた!

扇風機

こんにちは!さいたま市中央区の行政書士、くりはらです。

今日は野菜の日!みんなで野菜をたくさんたべよう!と急に何言ってんだと。とにかく、今日はスカッと晴れていい天気でしたね!暑いけどカラッとしてて、風が吹くとけっこうすごしやすいような。

表題のように、今日は相続のお手伝いで銀行へ行ってきました。行ってきました、と言ってもしばらく前から残高証明書の発行やら、被相続人様(相続される人、つまり亡くなられた方・故人)の預金を相続人様の口座へ振り替えたり、といくつかの手続きをいくつかの銀行にまたがってやっておりました。

で、今日、その一連の手続きがひとまず完了したので、「銀行行ってきたよ!」とご報告する次第となったワケであります。

銀行での相続手続きに必要な書類

この、

  • 残高証明書の発行
  • 被相続人様の預金の振り替え(または名義変更)

の二つですが、銀行によっても違いはあると思いますが、

  • 被相続人様の戸籍・・・出生から死亡までの連続したもの(除票・改製原戸籍含む)
  • 相続人様の戸籍・・・出生から現在までの連続したもの(除票・改製原戸籍含む)
  • 相続人様の印鑑登録証明書・・・いわゆる「印鑑証明」というヤツです。
  • 相続人様の実印・・・「印鑑証明」と同じ印影のモノですね。
  • 遺産分割協議書・・・被相続人様の遺された遺産をどうやって分けるかを記載したモノ。

あたりは必ず求められます。ただ、「残高証明書」については、被相続人様の「住民票の除票」、窓口に行く相続人様の「印鑑証明・実印」があれば足りることがあります。このあたりは、銀行ごと・さらには窓口で応対してくださるスタッフの方によって違いがあるので、事前に電話で確認した方がいいです。

残高証明書の発行・預金振り替えにかかる期間

  • 残高証明書の発行
  • 預金の振り替え

ですが、銀行ごとに違いあるとおもいますが、それぞれおおむね1週間~10日程度となっています。

最後に宣伝します。

ちょこっとだけ宣伝させて下さい。スミマセン。

ここまで読み進めてみて、「なんだか大変だな~」とか思いませんでしたか?そうなんです。戸籍を集めたり、遺産分割協議書作ったり、結構大変なんです。正直な話、お仕事としてやってもやっぱり大変だな~と思いますもの。

と、いうワケで、戸籍の取得・遺産分割協議書・銀行での手続きまとめてプロに任せてみませんか?
もちろんプロですから、個人情報の管理もバッチリ!カンタン!ハヤイ!ベンリ!
ご興味のある方は下のリンクからお問い合わせくださいね!
(※ただし、案件によっては他の士業の方(弁護士・税理士・司法書士等)と一緒に業務にあたる場合もありますので、ご了承ください。最初のお打ち合わせの時にご相談いたします。)

お問い合わせはコチラから!

 

扇風機