電子定款の認証とは

定款の認証の手順などはこちらのページで詳しく説明しています。
「定款の認証とは」へ

ここでは、電子定款にしぼった説明をしています。

定款の認証

定款の認証には、公証役場で認証手数料として50,000円、謄本の請求におよそ2,000円がかかります。

さらに紙ベースの定款の場合には、印紙代として40,000円が必要となります。

しかし、この定款を電子定款にすることで、印紙を貼る必要がなくなり、印紙代40,000円を節約することができます。かなりオトクですね。

そんなオトクな電子定款ですが、公証役場での認証の前にちょっとだけ準備が必要になります。

事前準備

事前準備として必要なモノ・コトを順番にリスト化すると以下のようになります。

  • 定款の作成用にマイクロソフトのワード、ワードで作成したファイルをPDFに変換すためのAdobe Acrobatを用意する。
  • 公的個人認証サービス」を利用し、電子証明書を取得
  • ICカードリーダライタを用意
  • 法務省のホームページで「申請用総合ソフト」及び「PDFプラグイン」のダウンロードとインストール
  • それぞれのソフトに必要な情報を入力し、設定

事前準備が結構大変です。特に、それぞれのソフトに設定が必要なのですが、その設定方法がソフトごとにバラバラなのでひとつひとつマニュアルを読みながらの作業となります。
みなさんそれぞれの環境によってかかる時間も変わってくると思いますが、ここは、時間に余裕をもって進められたほうがいいと思います。

公証役場へ定款データの送信

それぞれのソフトの設定がすんだら、定款を作成し、公証役場への送信へと進んでいきましょう。

流れとしては、

  • ワードで定款を作成
  • 公証役場で記載内容の確認
  • ワードで作成した定款のファイルをPDFに変換
  • Adobe AcrobatでPDFファイルに電子証明書を付与
  • 公証役場に事前連絡
  • 公証役場にデータの送信

となります。

また、定款の認証の手順などについてはこちらのページで詳しく説明しています。

「定款の認証について」へ

費用と時間

事前準備にかかる費用と時間は

  • Adobe Acrobat-standardで約30,000円、proで約45,000円
  • Microsoft Office-グレードにもよるが、20,000~30,000円
  • ICカードリーダライタ-だいたい3,000~5,000円
  • ソフトのインストール~設定までだいたい1日

といったところでしょうか。具体的な金額は各自お調べいただいたほうがいいと思います。

また、時間ですが、僕が実際にやってみてかかった時間となっています。あくまで目安としてお考えください。さらに、定款の作成や電子証明書の取得の時間も必要になります。

注意してください!

ここで必要となるソフトですが、法務省のホームページで対応しているバージョンを必ず確認してください!対応していないものを使用した場合、申請が正常に行われない原因となり得ますので注意してください。

まとめ

以上のように進めることで、電子定款の認証を受けることができます!

ただ、意外と手間や時間、費用がかかってしまいますね。

Microsoft Officeは仕事でも出番がある方は多いでしょうから今後も使えると思いますが、Adobe AcrobatやICカードリーダライタはあまり出番はないかもしれません。

それでも、これから何社か設立するつもりの方や、それぞれのソフトを今後も使う方には、印紙代の40,000円が節約できるのは大きなメリットいえます。

しかし、パソコンの設定に手間取ってしまったり、ソフトが今回の定款認証一回しか必要ないような方にとっては印紙代40,000円の節約が必ずしもメリットになるとは言えないのではないでしょうか。

プロにまかせてみませんか?

当事務所では電子定款の作成・公証役場への申請を11,980円(税抜き)にて承っております。

定款作成・申請の手間・時間を節約し、さらに、紙ベースの定款認証より28,080円(税抜き)もオトク!

ご検討されてみてはいかがでしょうか。